忍者ブログ

kawagisiのCOH2ブログ

company of heroes 2 の筆者の備忘録のために作ったブログです。上達したいという方には何か役に立つかもしれないですし役に立たないかもしれないです。 書く事がなくなったら更新が止まります、あしからず。

ver3.0.0.13006環境 ソ連諸々の選択

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

ver3.0.0.13006環境 ソ連諸々の選択

とうとう苦心の末に、1vs1ソ連で勝つためにはという手段を編み出すことができた。ただし多くの操作量が必要だが・・・。ランク18位のsage of the six に勝つことができたので、そのリプレイも掲載しつつ筆者の今使ってるコマンダーなども紹介
まずはリプレイを落として欲しい、これに基づいた記事を書くため。
マップキック

ゲーム開始まえにできることとして、マップを3つキックできる。筆者はこの3つのマップを今蹴っている

・semosky summer
・road to kharkov
・kholodony winter

この3つを蹴っている。一応理由も列記しておく

・semosky
燃料の配置上、カットしづらく。T2で行くためHMGの射線が通りづらく、グレナディアが集中してやってこられると今のソ連はどうしようもないので、kick。パンターが出られると辛い。

・stalinglad
パンター出されると今のソ連では終了マップなのでキック、パンター+砲撃ユニットがいられるとこのマップで勝ち目はない。なまじ狭いだけにテラーマインやpak43そしてシュレックと危険。

・kholodony winter
クソマップ、右スタートのソ連ではこの環境勝ち目など存在しない。夏ならまだなんとかなるが冬は中央の弾薬を抑えられ、Lmg42をいっぱい持たれてGG

ドクトリン



この3種類を選んでいる。左からsoviet shok army 、shock rifle frontline 、advanced warfare
一応ざらっとどういう具合で選ぶのかだけ書く。

・soviet shock army
MAPがcrossing in the woods、kholodony なら第一候補、ショックと120mm迫撃砲、そしてPPSHの組み合わせは狭いマップであればあるほど有効、ここでT34に行くかsu85に行くかは好み、無難ならsu85で敵戦車を迎え撃つのが無難。T34はタイガー出てこられると厳しい(そして出やすい)ただ、敵グレがめちゃめちゃ今強いので判断に困るところではある。

・shock rifle frontline 
こちらはT3なりT4なりを立てない戦い方の場合、ショックを2部隊出してキャプチャーを広げて即KV8でキャプチャーを広げる。KV8のあとはT4を立てた方がいいかもしれない、大概KV8相手に対するカウンターは4号か3突、あるいはCPが近い即タイガーだったりするので。KV8で本陣攻撃+偵察で確認してから立てても良い。

場合によってはKV8とT4立ててSU85の組み合わせでも良い、必要燃料はis2を呼ぶのとほぼ同じ。

・advanced warfare
PPSHとT34-85の組み合わせ、ラジオも敵ユニットの出現がわかるので非常に便利。ただ良くも悪くもT34-85以外パンチがあるわけではないのが難点といえば難点、とはいえT34-85もパンター相手には勝てない。

初期オーダー
   or
ここと同じ具合だがmapによっては2コンスで迫撃砲を呼ぶ、langleskayaだったから2コンスで迫撃砲を呼んだ。minsk なら3コンスにした。

動き方
とにかくHMGで敵のグレを抑える、そして積極的に前に出ていく。前に出るときは必ず数的優位を必ず作り出す。敵グレがいるなら2コンスかHMGとコンスの2部隊で出る。

HMGは建物やキャプチャーポイントで防御的に置くのではなく、基本的には動かしていく。コンス2部隊とHMGがあればグレの集団にはある程度はなんとかなる。最序盤はとにかくHMGとコンスで押し上げる、敵にLMG42やG43を持たれるとHMGもライフルグレネード→射撃のコンボであっさり撃破されるため。

最序盤はとにかく、とにかく押し上げる。敵を左右に振らせる、コンスとHMGの集団を2つに分けて動かす。エンジニアはリプレイのとおり地雷探知機を持たせよう、Sマインが危険。

このマップは即KV8がドイツにとって辛いので、shock rifle frontlineを取る。
即KV8でほぼ脳内で決める、そのためショックを2部隊呼ぶ。今の環境やっぱりショック2部隊いられるとドイツは辛い、1部隊だと簡単に止められちゃうため、2部隊は欲しい。PPSHをコンスに持たせるなら1部隊でも良いだろうが。

敵は
Spearhead Doctrineを迫撃砲ハーフトラックを呼んできたので察知、とにかく中央はある程度諦めて左右に振る。さすがの迫撃砲ハーフトラックも移動しないと辛い、この試合の結果を決めたのは迫撃砲ハーフトラックを撃破出来たところだと思われる、敵のハーフトラックと右サイドで気を引きつけてる間に、ATgunで撃破できたのがうまかった点と思われる。

裏を返せばここで迫撃砲ハーフトラックが生きていられたら厳しかった、即KV8なだけに。

中盤以降はそこそこ敵グレが削れてかつ、こちらが溶けていないため左右に振るのとカット、やハラスを徹底的にやる。数さえいれば敵グレもなんとかなる。途中ライフルグレネードは出来うる限り避ける。

ここで押せたため、T3でオストヴィントがでなくて助かった。出てきたら即KV8は諦めてT4を立てた、su85を呼んでのkv8かis2にしたと思う。

うまく敵を左右に振れかつ、数的優位を築けていればドイツは辛い。グレスパムといっても6部隊以上出てくるのは希なため。それと敵迫撃砲の射程では戦わない方が良い、危険。ただ敵迫撃砲ハーフトラックはある程度諦めるしかない今の環境だと・・・。

それと燃料にだいぶ余裕があったためT4を立てる、それでCPを稼げかつ燃料も多く抑えられてるため、kv8も直ぐに出せる。

そしてcp貯まり次第kv8で敵本陣を偵察兼焼き払いに行く、この時弾薬120を用意しておく。焼夷弾で敵ATgunが無力化できるため。ATgun2つでもこれで安心。焼ければベストだが、基本は偵察、T3を立ててるか、そのまま即タイガーかの確認。

おそらく即タイガーだと確認したのでis2を即出せるかどうかは考える、su85待機も考慮に入れる。

ただ杞憂だった、というよりここはミスだと思うが。4号が出てきた、そのため躊躇せず即IS2。kv8をおいかけて来た4号を地雷ではめる。

地雷は余裕が有るなら絶対に撒くとにかく重要、踏めば戦車はエンジンダメージが確実に入り、さらに歩兵も運がよければ溶かすことができる。ましてやshock rifle frontline は弾薬が余りがちなので撒く。

エンジンダメージが入ればis2で追いかけて始末する、煙幕を巻かれたらattack ground で始末。地味に重要な小ワザなので覚えておいて損はない。ただエンジンダメージが入ってない相手だと使いづらいが。

とまあ、こんな具合。まとめると
・左右に振る
・数的優位を作る
・地雷を撒く
・積極的にユニットを動かす
・始末できるときにユニットを始末する
・積極的にとはいえ守るときは守る 割合としては攻撃7防御3 ぐらいの比率

しかしやることが多い。これがドイツだったらグレスパムで4号スパムすれば良いとか言えちゃうのだが・・・。


PR

コメント

プロフィール

HN:
kawagisi
性別:
非公開
自己紹介:
kawagisiです、もしCOH2で出会ったらお手やわらかに

COH2のリーダーボードはこれ

P R

最新コメント

[11/19 newgtxman]
[05/05 NONAME]
[05/04 tofu]
[04/30 newgtxman]
[04/23 tofu]

コガネモチ